記事の詳細

01月05日 第69回 中山金杯(GⅢ)

2020年の幕開けを飾る新春ハンデキャップ重賞

新年最初の開催日のメインレースとして行われるのが東西の金杯だ。東は中山の芝2000メートルが舞台となる。2019年の勝ち馬ウインブライトは2走後に香港でG1制覇、2015年の勝ち馬ラブリーデイは、同年にGⅠ2勝を挙げる大活躍を見せた。2020年もこのレースをきっかけに飛躍を遂げる馬が誕生するのか? 過去10年の結果から、レース傾向を探っていく。

01月05日 第69回 中山金杯(GⅢ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】中山競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン


【JRA 出走馬情報】中山競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン


【JRA 調教後馬体重】中山競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【レースについて】中山競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

 

《第69回 中山金杯(GⅢ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第69回 中山金杯(GⅢ)の予想はここをクリック ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから
 
電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る