記事の詳細

01月17日 第68回 日経新春杯(GⅡ)

近年も次々とGⅠ馬を送り出しているハンデキャップ競走

2019年の日経新春杯で重賞初制覇を果たしたグローリーヴェイズは、同年の香港ヴァーズを勝ってGⅠウイナーの座に上り詰めた。また、2017年の日経新春杯が重賞初制覇だったミッキーロケットも、翌2018年の宝塚記念で優勝を果たしている。さらに、2016年の日経新春杯で自身初の重賞連対(2着)を果たしたシュヴァルグランは、翌2017年のジャパンカップを制した。当レースは芝中長距離戦線における、遅れてきた素質馬の登竜門と言えるかもしれない。今年は京都競馬場整備工事のため中京・芝2200メートルで行われるが、京都・芝2400メートルで行われた過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

01月17日 第68回 日経新春杯(GⅡ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA 出馬表】中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【JRA 調教動画ほか】中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【JRA データ分析】中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【JRA 歴史・コース】中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

 

《第68回 日経新春杯(GⅡ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第68回 日経新春杯(GⅡ)の予想はこちら ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから
 
電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

information

コロナウイルス蔓延!国が勧めるビジネス

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る