記事の詳細

02月02日 第34回 根岸ステークス(GⅢ)

開催時期がこの時期に移り、フェブラリーSの前哨戦に位置付けられた2001年以降の根岸S優勝馬延べ19頭中、同年のフェブラリーSにおいても優勝を果たした馬は、2001年のノボトゥルー、2005年のメイショウボーラー、2016年のモーニン、2018年のノンコノユメと4頭いる。2019年も根岸S2着のユラノトが“本番”のフェブラリーSで3着に食い込んだ。しかしその一方、2001年以降の根岸Sで3着以下に敗れた馬のうち、同年のフェブラリーSで3着以内に入ったのは、2004年3着のスターリングローズ(根岸S11着)と2012年1着のテスタマッタ(根岸S3着)だけである。2020年最初のJRAGⅠと密接な関係にある一戦を占うべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

02月02日 第34回 根岸ステークス(GⅢ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン


【JRA 出走馬情報】東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン


【レースについて】東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン


【JRA 関連動画】東京競馬場 1400メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

 

《第34回 根岸ステークス(GⅢ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第34回 根岸ステークス(GⅢ)の予想はここをクリック ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから
 
電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る