記事の詳細

09月21日 第74回 朝日杯セントライト記念(GⅡ)

3歳クラシックの最終関門に向け実績馬と素質馬が激突

開催時期が10月となった2000年以降の菊花賞における3着以内馬60頭中、当レースに出走していた馬は11頭いた。もう一つの菊花賞トライアルである神戸新聞杯は37頭となっており、好走馬の数自体は大きく見劣りするものの、2019年にサトノルークスが単勝8番人気で2着、2017年にクリンチャーが同10番人気で2着、2015年にキタサンブラックが同5番人気で1着となるなど、近年はセントライト記念組が評価を覆した例が少なくない。約1か月後の“本番”を展望するうえでも見逃せない一戦だ。今回は過去10年のレース結果を中心に、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

09月21日 第74回 朝日杯セントライト記念(GⅡ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン


【JRA 出走馬情報】中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン


【レースについて】中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン


【JRA 関連動画】中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

 

《第74回 朝日杯セントライト記念(GⅡ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第74回 朝日杯セントライト記念(GⅡ)の予想はここをクリック ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから
 
電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

information

コロナウイルス蔓延!国が勧めるビジネス

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る