記事の詳細

1月28日 第23回 シルクロードステークス(GⅢ)

2012年のシルクロードSで自身2度目の重賞制覇を果たしたロードカナロアは、同年秋のスプリンターズSから翌2013年の香港スプリントまで国内外のGⅠを6勝し、2年連続でJRA賞最優秀短距離馬のタイトルを獲得したうえ、2013年には年度代表馬の座に輝いた。また、2016年の5着馬ビッグアーサーと2017年の2着馬セイウンコウセイは、それぞれ同年の高松宮記念でGⅠ初制覇を果たしている。GⅢのハンデキャップ競走ながら、その後の短距離GⅠ戦線につながっていく重要なレースだ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

1月28日 第23回 シルクロードステークス(GⅢ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】京都競馬場 1200m(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】京都競馬場 1200m(芝)ハンデ 4歳以上オープン

【JRA レースについて】京都競馬場 1200m(芝)ハンデ 4歳以上オープン

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る