記事の詳細

1月6日 第56回 スポーツニッポン賞 京都金杯(GⅢ)

昨年の京都金杯は単勝オッズ1.8倍の支持を集めていたエアスピネルが優勝を果たし、馬単(1390円)、3連複(3260円)、3連単(1万1040円)はそれぞれ導入以降のレース史上最低配当となった。過去10年の単勝人気別成績でも、単勝8番人気以下の馬は優勝例がなく、2着に入ったのも2016年のテイエムタイホー(単勝13番人気)だけ。極端な下位人気馬は苦戦しているレースだ。もっとも、3連単の平均配当(導入された2005年以降)は11万6048円で、高額配当決着となる年も決して珍しくはない。ハンデキャップ競走らしい難解な一戦を読み解くべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

1月6日 第56回 スポーツニッポン賞 京都金杯(GⅢ)の各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】枠順別成績などに特徴があるハンデキャップ重賞
【JRA 出走馬情報】枠順別成績などに特徴があるハンデキャップ重賞
【JRA 調教後馬体重】枠順別成績などに特徴があるハンデキャップ重賞
【JRA レースについて】枠順別成績などに特徴があるハンデキャップ重賞

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る