記事の詳細

10月06日 第54回 京都大賞典(GⅡ)

下半期GⅠ戦線の主役候補が集う注目の一戦

2016年のジャパンカップで優勝を果たしたキタサンブラック、2015年の天皇賞(秋)で優勝を果たしたラブリーデイは、いずれも前走で京都大賞典を勝っていた。また、2017年には京都大賞典3着のシュヴァルグランがジャパンカップを、2013年には京都大賞典3着のトーセンラーがマイルチャンピオンシップを、2009年には京都大賞典9着のクィーンスプマンテがエリザベス女王杯を制している。今後のビッグレースを展望するうえでも、しっかりとチェックしておきたい一戦だ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

10月06日 第54回 京都大賞典(GⅡ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】京都競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン


【JRA 出走馬情報】京都競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン


【レースについて】京都競馬場 2400メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

 

《第54回 京都大賞典(GⅡ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第54回 京都大賞典(GⅡ)の予想はここをクリック ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから
 
電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る