記事の詳細

11月07日 第59回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)

大一番を目指す馬が集うハンデキャップ重賞

アルゼンチン共和国杯には2400メートル以上の距離で飛躍を期す馬が多く参戦し、2015年の優勝馬ゴールドアクターは続く有馬記念でGⅠ初制覇を飾っている。2016年優勝のシュヴァルグランや2017年優勝のスワーヴリチャードが翌年以降にジャパンカップを制した例もあり、優勝馬は後々まで目が離せない存在となりそうだ。ここでは過去10年の結果を参考に、レースの傾向を探っていく。

11月07日 第59回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA 出馬表】東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

【JRA 調教動画ほか】東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

【JRA データ分析】東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

【JRA 歴史・コース】東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

《第59回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第59回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)の予想はこちら ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから
 
電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

スマホマイスター検定受講生募集!

スマホマイスター検定

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る