記事の詳細

11月15日 第45回 エリザベス女王杯(GⅠ)

阪神競馬場を舞台に争う女王の座

今年のエリザベス女王杯は京都競馬場の整備工事により阪神競馬場での開催となる。2018年の優勝馬リスグラシューが翌2019年に宝塚記念、コックスプレート、有馬記念と国内外のGⅠ3連勝を決め、同年の年度代表馬に輝いたことは記憶に新しい。2019年の優勝馬ラッキーライラックは今年の大阪杯を制しており、近年は当レースの優勝馬がその後の牡馬混合のGⅠで活躍している。ここでは年齢など競馬場が変わっても影響が少ないであろうデータを中心に、過去10年の結果を分析していく。

11月15日 第45回 エリザベス女王杯(GⅠ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

【JRA プレレーティング】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

【JRA 出馬表】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

【JRA 調教後馬体重】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

【JRA 調教動画ほか】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

【JRA 歴史・コース】阪神競馬場 2200メートル(芝)定量 (牝) 3歳以上オープン

 

《第45回 エリザベス女王杯(GⅠ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第45回 エリザベス女王杯(GⅠ)の予想はここをクリック ★

 
本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?
 

電脳競馬新聞の詳細とお申込みはこちらから

 

電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

information

コロナウイルス蔓延!国が勧めるビジネス

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る