記事の詳細

11月25日 第38回 ジャパンカップ(GⅠ)

国内外の精鋭が一堂に会するチャンピオン決定戦

過去37回のジャパンカップにおける優勝馬延べ37頭中、1982年のハーフアイスト、1986年のジュピターアイランド、1994年のマーベラスクラウン、2008年のスクリーンヒーローを除く延べ33頭は、国内もしくは海外のGⅠ競走で2着以内に入った経験のある馬だった。既に国内外のビッグレースで優勝を争ったことのあるような馬でなければなかなか勝ち切れない、世界屈指のレースレベルを誇る一戦だ。なお、創設初年度の1981年から1997年までは海外馬が12勝、日本馬が5勝だったものの、1998年以降は海外馬が2勝、日本馬が18勝となっている。以前に比べて日本馬の活躍が目立っている点も顕著な傾向と言えるだろう。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

11月25日 第38回 ジャパンカップ(GⅠ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

【JRA プレレーティング】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

【JRA 出馬表】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

【JRA 調教後体重】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

【JRA 調教映像】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

【レースについて】東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから

電脳競馬新聞人気第2位GOLD版  電脳競馬新聞人気第1位SPECIAL版

 

電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る