記事の詳細

11月4日 第18回 JBCクラシック(JpnⅠ)

歴史的名馬が同時代のライバルを圧倒してきた頂上決戦

2001年に創設され、今年で18回目の開催となるJBCクラシックだが、複数回の優勝を果たした馬が既に5頭いる。アドマイヤドンは2002~2004年に3連覇、タイムパラドックスは2005、2006年に2連覇、ヴァーミリアンは2007~2009年に3連覇、スマートファルコンは2010、2011年に2連覇、コパノリッキーは2014、2015年に2連覇を達成した。また、武豊騎手が8勝、松田博資元調教師が5勝と、騎手ならびに調教師の歴代勝利数でも既に偉大な記録が生まれているレースだ。平成最後のダート王として名馬の系譜にその名を連ねるのはどの馬だろうか。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通しているポイントを分析してみたい。

11月4日 第18回 JBCクラシック(JpnⅠ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

【JRA プレレーティング】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

【JRA 出馬表】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

【JRA 調教後体重】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

【JRA 調教映像】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

【レースについて】京都競馬場 1900メートル(ダート)定量 3歳以上オープン

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから

電脳競馬新聞人気第2位GOLD版  電脳競馬新聞人気第1位SPECIAL版

 

電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る