記事の詳細

3月25日 第48回 高松宮記念(GⅠ)

新興勢力の台頭も珍しくない上半期のスプリント王決定戦

2016年のビッグアーサー、2017年のセイウンコウセイと、ここ2年の高松宮記念は共に重賞未勝利だった馬が優勝を果たしている。また、2015年の優勝馬エアロヴェロシティは香港調教馬でJRAのレースには出走経験がなく、2014年の優勝馬コパノリチャードは1200メートルのレースに出走経験がなかった。スプリント戦線の実績馬はもちろん、虎視眈々と新チャンピオンの座を狙う馬たちにも注目しておくべき一戦と言えるだろう。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通しているポイントを分析してみたい。

3月25日 第48回 高松宮記念(GⅠ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

【JRA 出走馬情報】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

【JRA プレレーティング】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

【JRA 出馬表】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

【JRA 調教後体重】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

【JRA 調教映像】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

【JRA レースについて】中京競馬場 1200メートル(芝)定量 4歳以上オープン

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る