記事の詳細

4月8日 第78回 桜花賞(GⅠ)

“逆転”で戴冠を果たす馬も少なくない牝馬クラシック第一戦

昨年の桜花賞は単勝オッズ40.8倍(8番人気)のレーヌミノルが優勝を果たした。また、2008年には12番人気のレジネッタが優勝して3連単700万2920円の超高額配当が飛び出すなど、桜花賞は波乱の決着が多いGⅠだ。ちなみに、過去10年の優勝馬10頭中、前走の着順が1着だったのは3頭だけだった。それに対し、翌週行われるクラシック第一冠の皐月賞は、同10頭中8頭が前走1着馬だった。桜花賞は皐月賞に比べて、前哨戦で敗れていた馬の巻き返しが多くなっている。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通しているポイントを分析してみたい。

4月1日 第78回 桜花賞(GⅠ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

【JRA 出走馬情報】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

【JRA プレレーティング】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

【JRA 出馬表】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

【JRA 調教後体重】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

【JRA 調教映像】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

【JRA レースについて】阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る