記事の詳細

6月17日 第23回 ユニコーンステークス (GⅢ)

後のGⅠウイナーが歴代優勝馬に多数名を連ねている注目のダート重賞

2016年のユニコーンSで重賞初制覇を果たしたゴールドドリームは、2017年にフェブラリーSとチャンピオンズCを制し、同年のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。また、今年2月にフェブラリーSを勝ったノンコノユメは、2015年のユニコーンS優勝馬である。この他にもシンコウウインディ、タイキシャトル、ウイングアロー、ゴールドティアラ、アグネスデジタル、ユートピア、カネヒキリ、ベストウォーリアなど、過去の優勝馬の多くが後に国内外のビッグレースで活躍している。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

6月17日 第23回 ユニコーンステークス (GⅢ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

【JRA 出走馬情報】東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

【レースについて】東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから

電脳競馬新聞人気第2位GOLD版  電脳競馬新聞人気第1位SPECIAL版

 

電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る