記事の詳細

7月1日 第67回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

ここ25年連続で“重賞未勝利馬”が勝っている3歳限定のハンデキャップ重賞

グレード制が導入された1984年以降のラジオNIKKEI賞(2005年以前の名称は「ラジオたんぱ賞」)における優勝馬34頭中、既にJRAの重賞を制していたのは、1986年のダイナコスモスと1992年のシンコウラブリイだけである。なお、それ以外の馬でJRAの重賞で2着に入った経験があったのも、1994年のヤシマソブリンと1995年のプレストシンボリだけだ。実績馬の参戦例も決して少なくはないが、重賞実績のない馬にも注目しておくべき一戦と言えるだろう。今回は、中山競馬場で行われた2011年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

7月1日 第67回 ラジオNIKKEI賞(GⅢ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

【JRA 出走馬情報】福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

【レースについて】福島競馬場 1800メートル(芝)ハンデ 3歳オープン

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞GOLD版とスペシャル版の詳細とお申込みはこちらから

電脳競馬新聞人気第2位GOLD版  電脳競馬新聞人気第1位SPECIAL版

 

電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る