記事の詳細

8月26日 第38回 新潟2歳ステークス(GⅢ)

ビッグタイトルを狙う素質馬たちが真夏の新潟で激突

新潟・芝外回り1600メートルで行われるようになった2002年以降の新潟2歳Sで連対を果たした馬のうち、2004年1着のマイネルレコルト(2004年朝日杯フューチュリティS)、同年2着のショウナンパントル(2004年阪神ジュベナイルフィリーズ)、2008年1着のセイウンワンダー(2008年朝日杯フューチュリティS)、2011年2着のジャスタウェイ(2014年安田記念ほか)、2013年1着のハープスター(2014年桜花賞)、同年2着のイスラボニータ(2014年皐月賞)と、これまで6頭が後にJRAのGⅠを制している。阪神ジュベナイルフィリーズや朝日杯フューチュリティSと同じ1600メートルのレースだけに、最優秀2歳牝馬や最優秀2歳牡馬といったJRA賞のタイトル争いに向けても見逃せない一戦だ。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

8月26日 第38回 新潟2歳ステークス(GⅢ)各種情報の詳細は以下をクリックしてください。

【JRA データ分析】新潟競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 2歳オープン

【JRA 出走馬情報】新潟競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 2歳オープン

【レースについて】新潟競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 2歳オープン

 

《第38回 新潟2歳ステークス(GⅢ)》
の予想を無料で提供しています!

★ 第38回 新潟2歳ステークス(GⅢ)の予想はここをクリック ★

 

本当に稼げるレースはメインレース以外にある!

《勝負レース》がひと目で分かる電脳競馬新聞を使って競馬で一緒に儲けませんか?

 

電脳競馬新聞の詳細は

 

電脳競馬新聞を使って競馬で儲けてください!

 

関連記事

無料メンバー提供レース

ページ上部へ戻る