競馬で勝つためのデータ分析方法伝授します!

2015.12.7|電脳競馬新聞 競馬で儲けるノウハウ 競馬最新情報 競馬投資方法 競馬初心者

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木です。

 

「競馬で儲けられないわけ」の記事をお読みいただいた方から

こんな質問をいただきました。

 

「佐々木さん、競馬で儲けたければデータの分析をしなさい。

でも、そう言われてもどうしていいかわかりません」

と・・・

 

まぁ、そうですよね^^;

今まで「競馬の分析をしてみよう!」

なんてこと考えたことなければ

 

「過去のレースを検証し、分析しましょう!」

 

なんて言われても、

何をどうして良いのかなんてわかるわけないですよね^^;

 

と言っても、何も難しいことではなく

前回書いたように、今自分が使っている予想理論で予想して

それが的中したかどうかを、しっかり記録していけばいいんです。

 

そして、

・的中した時は、どんなレースの時だったか?

・不的中の時は、どんなレースの時だったか?

を分析する。

 

それがわかればこれから馬券を買う時は

・的中したレースと同じ条件が当てはまるレースの時だけ

 馬券を買って

・的中しなかったレースと同じ条件のレースには

 手を出さない!

 

簡単に言えば、こういうことです(^^)

競馬のデータ分析をしよう!

確率的に考えて、

的中する確率の高いレースだけを買って
的中しない確率の高いレースは買わない。

 

これだけで、かなり競馬勝ち組に近づけるというわけです(^^)

 

まぁ、少なくても今のように

『負けてばかりの競馬人生』 とはオサラバできます!

 

 

本当は、単複コミュニティの中で詳しくお話しようと思っていたのですが

私の方の事情で開始が大幅に^^; 遅れていますので

今回はみなさんにステップで分かりやすくお話しますね。

 

ぶっちゃけ、すごいノウハウを教えることでもありますので

絶対に実践してくださいね(^^)

 

 

ステップ1:何でもいいので自分にピッタリくる予想理論を決める。

※本当は何でも良くはありません。

 それなりに予想精度の高い予想(電脳競馬新聞とか^^;)を選ぶのが先決です。

 

例えば、

今あなたが競馬予想を、何を使ってどうやって予想しているのか?

・市販の競馬新聞(競馬ブックとか)の印を見て予想している

・競馬必勝本や競馬情報商材に書いてあるノウハウで予想している

・◯×理論というものを使って予想している

・スピード指数を使って予想している

・マイニング指数を使って予想している

・コンピ指数を使って予想している

・オッズを使って予想している

・TARGETのZI値や補正タイムを使っている

・血統や厩舎などを使って予想している

電脳競馬新聞の能力値を使って予想している超オススメ!(^^)

などなど、どんな予想理論を使っていても構いません。

 

また複数の予想理論を使っている人もいるかもしれませんが

その場合は、その予想理論ごとに検証してください。

 

この時注意して欲しいのが

 

「どんな予想理論を使ってもいいけど

 そこに自分の意志や考えやカンなどを入れないこと」

 

です。

 

 

つまり、◯×法を使って予想するとしたときに、

その◯×法で決められたファクター(予想に関するデータなど)以外の考え方、

特に 自分の主観などは絶対に入れない』 ことです。

 

例えば、

コンピ指数で予想をしているんだけど
今回はランキング下位の騎手に乗り替わりになった馬が該当していたので
それを除外した。

とかです。

日刊コンピ指数

 

とにかく、その予想がどんな予想結果になったとしても

そのまま受け入れるということ。

自分の独自の考えや判断で予想を絶対に変えてはいけないということです。

 

 

そういう観点から考えると、

『 一般の競馬新聞で予想する』

というのは、かなりイケてない予想スタイルになります^^;

 

何故なら、予想して印を付けている予想家自体が

そもそも自分の考えや長年の勘といった予想方法で

毎回、毎レース予想が変わるからです。

なので、それをどんなに分析しても

予想理論に一貫性がないので、検証結果にも一貫性が生まれません。

競馬新聞は使っちゃダメ!

 

もし競馬新聞を使って予想しているのであれば、先ずはここから脱却しましょう。

そのままだと、ほぼ競馬で儲けるのは難しいと言わざるをえないので^^;

 

 

 

ステップ2:先週全レースの予想を1で決めた予想理論で予想する。

 

ステップ1で決めた予想方法を使って、

取りあえず先週土日の1Rから最終レースまで全レースと全開催分予想して下さい。

 

競馬予想ソフトなどの場合

・新馬戦

・障害戦

の予想ができないものもありますので、その場合はそのレースは除いていいです。

安心してください!はいてますよ

安心してください!
電脳競馬新聞は新馬戦も障害戦も予想できますよ!(^^)

 

 

で、予想する時は、

自分が攻略しようと思っている馬券種のみで取りあえずは大丈夫です。

 

例えば、

単勝で儲けようと考えているなら単勝のみ

複勝なら複勝、馬連なら馬連、3連単なら3連単・・・ということです。

 

もちろん、単勝と複勝とか、馬単と3連単とか複数予想してもいいです。

 

これはステップ3に書きますが

もちろん、全ての馬券種で予想してもいいです。

 

もし、今は単勝だけを攻略して競馬で儲けるようになりたいと考えていたとして

将来、3連単も是非取り入れて儲けられるようになりたい

と思った時に、それまでに記録しておいた中から

3連単を分析・検証することができるからです。

 

後々の事も考えると、できればこのように

全ての馬券種を記録しておいたほうがいいです。

但し、全てを予想して記録する分、かなり面倒くさくなることは覚悟してください^^;

 

●重要なポイント!

どんな馬券を選ぶにしても、『単勝馬券』は絶対に必須です!

例えば、3連単の検証をしたいと思っている方も

「3連単」+『単勝』は絶対に必須だということです。

『単勝馬券』を検証せずに、

その他の馬券種だけを検証するのは絶対にNGですからね。

 

 

 

ステップ3:予想が終わったら、その予想の結果を付けて下さい。

 

その時大切なことは、

各レース単位でノートやエクセルなどに結果を付けていくということです。

 

実は、この付け方が結構キモになってきますので

一応私がやっている方法をお教えします。

※これが一番良い方法ではないかもしれませんが少なくても私はこれで成功しています。

 

 

【レース結果の記載方法】

各レース毎に

・日付

・開催場所

・レース番号

・コース(芝・ダート・障害)

・競争条件(未勝利・500万下・1000万下とか)

・距離

・頭数

・馬齢(2歳・3歳・3歳以上・4歳以上)

・重量(ハンデ・別定・馬齢・定量)

・グレード(通常・特別・重賞・G3・G2・G1)

を必ず記載して下さい。

 

【2015/09/20,中山,1R,ダート,未勝利,1200m,16頭,2歳,馬齢,通常】

 

このように、必ずファクターごとに記載して下さい。

 

どんな予想理論を使おうともここまでは必須です。

 

間違っても

【2015/09/20 中山1R】

だけしか記載しないとかは、検証するときに全く意味を成さないのでダメですからね。

 

 

そして、ここからがさらに 重要 なのですが、

 

『その予想理論でわかる指数など意味のある数値や印』

がある場合は必ず記載する!

 

ということです。

 

 

例えば、「マイニング指数理論」を使う場合なら

1位が、119.15
2位が、119.21
3位が、119.45
4位が、119.48





コンピ指数なら

1位が、90
2位が、86
3位が、70
4位が、66





電脳競馬新聞なら

1位が、79.88
2位が、60.34
3位が、52.21
4位が、42.73





(注:各指数は適当な値です)

 

 

先ほどの競馬新聞の話と同じですが

このような予想における数値がわからない予想理論も

使わないほうが無難だと言っておきます。

 

それは、その馬が勝ったとか負けたとかの

【根拠が見えにくい】

つまりわからないからです。

 

例えば電脳競馬新聞の予想を例にすれば

◎の印が付いた馬であっても、能力値が

「54.32」の馬もいれば

「86.73」の馬もいます。

 

つまり同じ◎馬であってもその能力には差があり

結果を見ても能力値の低い◎馬は負ける確率が高くなる。

ということが、この能力値があることでわかるのです。

 

それがわかれば、例えば

「◎馬の能力値が70.00以上の場合は信頼度が高いので買い」

「◎馬の能力値が69.99以下の場合は信頼度が低いのでパス」

などが、一瞬で判断できるようになるわけです。

※これは例えばの例として書いた数字です。

 

単純に、その予想で

◎の印が付いたから「買い」

◯の印馬は「パス」

だけの判断では、かなり検証結果に差がつきます。

 

 

このように

 

「根拠を持って判断出来るか出来ないか」

 

で競馬で儲けることが出来るかどうかも大幅に変わってきます。

 

「前走人気で負けて、今回連闘で出てきたから勝負」

「今回ブリンカー付けてきたから勝負」

「今まで芝ばかり使ってきたのにダート替わりだから今回はパス」

 

まぁ、いろいろ御託を並べる人もいますが^^;

そういう根拠の無い(データとしてどれだけ価値が有るかわからない)

ものは意味がありません。

 

「データというのは根拠のしっかりとしたものであり

 なおかつそのデータはある一定の法則のもとに導かれ

 長年に渡って蓄積されているもの」

 

でなければダメなのです。

 

 

同じく長年に渡ったものであっても

単なる『カン』とか『金言や名言・格言』のようなものは

何の役にも立たないと思ってください。

 

「佐々木さん、そうは言うけど、役立つ金言もあるよ」

「それでオレは良く当ててるし・・・」

 



 

この「良く当ててるし」がクセモノなんです^^;

 

「良く当ててる」なんてことは、何の根拠も持たない

全く信じられない言葉だ!ということです。

 

きちんと数字で表せて、しっかりと根拠を持つデータでなければ

信用性も有効性も無いと思ってください。

 

なので、「良く当ててる」と言う人は、

「良く当ててる」= 過去何レース中、何レース当たったのか?

そして、その結果どれだけ儲かったのか?(負けたのか?)

をちゃんと数字として表してください。

 

あなたが「良く当ててる」という自慢の格言での

的中率や回収率をちゃんと調べた上で自信を持って言っているのかどうか?

ということが大切なのです。

 

例えば、

「過去5年で、格言に当てはまるレースが1,684レースあって

 その内253レースが的中したので、的中率15%、回収率103%だった」

という具合に、ちゃんとデータを数字として述べられるかどうかが重要なのです。

 

このようにデータで答えられないくせに

「長年のカンで・・・」「今まで良く当たってる」

なんていうものは百害あって一利なし!です。

 

脳科学的に言えば

「よく当てている =

 当たった時のことだけ良い思い出として記憶している」

だけだと脳科学者も言っています。

 

なので、この際なのでハッキリ言わせていただきますが

 

そういうのは全部「クソ!」です!

 

そういう「クソ!」を信じてアテにしているから

いつまで経っても競馬で勝てないんです。

 

もちろん、ちゃんと数値化出来て、データとして説明できて、

本当に良い成績を残せている格言や名言なら使っても大丈夫です。

 

しかし、そんなデータもない!数字でなんて証明できないし、根拠もない!

という金言なら、それはあなたが

 

「たまたま当たった時の良かった思い出にすがっているだけ」

 

の可能性が高いということです。

 

 

 

まぁ、ちょっと話が長くなりましたので最後にしますが

このような感じで、

これまでに行われた競馬の全レースの予想結果を付けていきます。

 

最低でも過去1年分のデータは必須です。

 

実際にはそれでは不十分で

私は最低3年分のデータが必要と考えています。

 

もちろん一般的には統計データは多ければ多いほど

分析するにあたっての母数が増えていくので

分析結果もどんどん信用できる値が高くなります。

 

なので3年と言わず10年でも20年でも多いに越したことはありません。

 

しかし、競馬の場合はちょっと違います。

 

サイコロを振るとか、コインの裏表の確率とかとは違い、

そのデータの元となるものが全国各地の競馬場で、

走るコースも芝やダートの違いもある。

さらにそのコース自体も改装されたり新設されたりする。

 

そもそも一緒に走る馬が違う^^;

 

ましてや実際に走る競走馬が生きたサラブレッドであり

そのサラブレッドの調子は常に万全ではなく起伏がある。

そんな状態のサラブレッドが走ったデータである。

 

つまり、

・全国各地の競馬場ごとにコースにクセがある。

・馬場状態もいつも同じではなく開催初日からどんどん変わる。

・当然天候によって馬場状態は大きく変わる。

・競馬場のコースが改装され、昔と違うコースになることがある。

・新しいコースが新設されることもある。

・競走馬だって、前回と今回では調子が同じではない。

・そもそも競走馬は毎年新しく増えるし引退もするから一緒に走る馬も変わる。

・騎手だって乗り替わりもあるし、そもそも毎年新人が入り、引退する人もいる。

・それにうまく乗りこなすことができたりできなかったりする。

・レース中もゲートで出遅れ、斜行、落馬、故障なにが起こるかわからない。

 

などなど、書いたらきりがないほどデータの基本的な部分が

全く一定ではない条件、ほぼ不確定な条件で毎回走ったデータになります。

 

サイコロなら毎回同じサイコロを同じ場所で振り続けます。

コインの場合も同じです。

サイコロやコインですから調子の良し悪しもありません^^;

サイコロの出る目の確率

 

 

しかし競馬の場合は、毎回違った相手と、毎回違った場所で

毎回違った条件や調子で走ることが常です。

競馬分析は競馬勝ち組の条件

だから競馬は難しいし、予想通りの結果になるのは難しいのです。

 

ということから、あまりに古いデータは参考にできません。

私的には、大体5年分くらいのデータがあれば

かなり有利に分析ができると考えています。

 

統計学で競馬予想を語る人の中には

「過去30年分の…とか、過去10万レース以上の分析をして…」

などと、したり顔をしている人もいますが

そういう人は競馬を知らない統計学オタクであって

そんな奴の言うことは信じないほうが身のためです^^;

 

競馬を、サイコロなどの統計学と

同じ観点で考えているようなアホだからです。

 

なので、競馬分析においては、あまり古いデータを持ちだして分析しても

検証結果に逆にブレが生じてしまい意味がなくなるということです。

 

 

ということで、もしあなたが

本気で競馬で儲けたい!勝ちたい!

と考えているのであれば、上記ステップを参考にされて

今週末から是非データを記録していきましょう。

 

先ずは、今週分のデータから。

次に、先週のデータ。

そして、どんどん過去に遡って、最低1年分。

 

できれば3年分、欲を言えば5年分やってください。

 

もちろん、これから行われるレースは

土日が終わる度に、記録していってください。

競馬で儲けるためには検証と分析

競馬で儲けるためには検証と分析



 

ここまでできれば、もうあなたは

少なくても競馬で負けることは無くなるでしょう。

 

ギャンブルや投資で大切なことは

 

『勝つこと』

 

よりも

 

《負けないこと》

 

です。

 

世界一の投資家として有名なウォーレン・バフェット氏もこう言っています!

ウォーレン・バフェット名言「絶対にお金を損しないこと」

《絶対にお金を損しないこと!》

 

 

『儲けること』、つまり 『欲』 があなたを負け組にしてしまうのです。

 

競馬で儲けることを考えるのではなく

 

先ずは、

『競馬で損しない、負けない』

ようになることを目指してください。

 

 

後は、投資方法や買い方などを工夫することで

 

《競馬勝ち組への道》

 

が開けてきます!(^^)

 

 

 

さぁ、競馬で儲けるために必要な「検証と分析」についてお教えしました。

 

是非、今週末から実践してくださいね(^^)

 

わかった!だけで何もやらなければ何も変わりません。

 

 

いつまで経っても競馬負け組のままでいいんですか?

 

そう思うなら残念ですが競馬はやめた方が身のためです。

 

何故か?

 

《絶対にお金を損するからです!》

昔はオレも大馬鹿野郎だった・・・

昔はオレも大馬鹿野郎だった・・・



 

それでは、今日はこの辺で

この続きはまた次回のココロだぁ~!

 

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL