竹内まりや「人生の扉」が心に染みる今日この頃

2014.3.11|電脳競馬新聞 未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加

佐々木です。

ようこそ!競馬真実の世界へ(^^)

 

世の中では

『消費税8%』の増税に伴い、いろいろなものが値上げしていますよね。

中には、どう考えても便乗値上げだろう?

自販機

って思うものもありますよね^^;

 

そんなご時世なので、最近メンバーの方から

「佐々木さん、電脳競馬新聞も値上げするんでしょうか?」

的なメールをいただきました。

 

結論から先にお話すると

「電脳競馬新聞は値上げはしませんのでご安心ください(^^)」

です。

 

ただ、実は今、いろいろと考えていることがあります。

 

振り返ってみると、電脳競馬新聞が広く世に公開されたのは

infotopという会社が出来て、infotopから販売を開始した時と考えれば

2007年1月でしたので、かれこれ7年目に突入しました。

 

でも、もっと大きな括りで考えると、

そもそもは「馬成金」というソフトとして世に送り出したのが1998年

試行錯誤の上、「電脳競馬新聞」として提供することになったのが2004年

 

そう考えると

「電脳競馬新聞」をスタートしてから

今年2014年でちょうど満10周年になるわけです。


 

いやぁ、早いもんです(^^)

 

その間いろいろな人に購読していただきましたが

ほとんどの方が競馬予想業界の何かに騙された人でした。

 

一番多かったのが「競馬予想屋に騙された人」

次が「競馬情報商材に騙された人」

騙されたことがない人は競馬初心者の方くらいで

ほとんどの方が、何かしらの競馬情報業界に騙された経験を持つ人でした。

 

私も昔は予想屋に何度も騙されましたし、

競馬場では「コーチ屋」と呼ばれる詐欺師にも騙されたことがあります。

そのあげくには消費者金融に手を出し、

ついには2人の可愛い子供を手放して離婚

という最悪の人生を送った経験を持つ人間です。

 

だから自分の体験もあって、

「予想屋」や「コーチ屋」などにはダマされないように!

って、コトあるごとにメルマガなどで言っていたら

893方面の方から脅しの電話が何度も掛かってきたこともありました^^;


 

さすがに最近は無くなりましたが・・・。

 

で、

昨年年末に病気になり手術したこともあり

また、最近ちょっと思うところもあり、

電脳競馬新聞の今後のことについていろいろと考えていました。

 

病気になったこと、

人生初の全身麻酔による手術をしたこと、

体の一部の臓器「胆嚢」が無くなったこと、

正直、精神的に落ち込みました。

 

「歳も歳だし、後何年生きられるかわからない」

 

ぶっちゃけると入院中や退院後しばらくは

「電脳競馬新聞の発行を続けていくのもしんどいなぁ・・・」

「もうやめようかなぁ・・・」


 

なんて思ったりもしました。

 

でも、

「電脳競馬新聞を必要としてくれる人が一人でもいる限り続けよう」

落ち込むたびにそう思っては自分を奮い立たせてきました。

 

 

そんな私を元気づけ、勇気づけてくれる曲があります。

竹内まりやさんの「人生の扉」という曲です。



 

竹内まりやさんといえば、

結婚してからはテレビなどにはあまり出なくなりましたが

有名な歌が沢山あるので若い方でも知っている人は多いと思います。

 

また、旦那さんも「日本のクリスマスの曲」と言えば「クリスマスイブ」

というほどの名曲を作った山下達郎さん。



 

昨年年末に亡くなった大滝詠一さんとともに、



 

私の大好きなミュージシャンの一人です。

 

この竹内まりやさんの「人生の扉」という曲は、

それほどメジャーになった歌ではありませんので知らない人が多いかもしれませんが

竹内まりやファンの投票では、好きな歌のベスト2位になった曲です。

 

竹内まりやさんの代表曲としては

・不思議なピーチパイ

・元気を出して

・けんかをやめて

・September

・リンダ

・もう一度

・家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)

・シングル・アゲイン

・純愛ラプソディ

・カムフラージュ

などなど、他にもヒットした曲が沢山ある中を押しのけての第2位ですから

竹内まりやファンも認める、間違いなく名曲です。

※ちなみに第1位は「駅」でした。

 

そんな「人生の扉」

私はカラオケに行くと必ず歌います(^^)

 

とにかく、歌詞が心に染みます。

特に私と同年代の方なら、ド直球で心を打たれる歌だと思います。

私は今でも聞く度、歌う度に胸が熱くなり、ウルッとなります^^;

「いくつになっても人生最後の日まで精一杯生きよう!」

そう思い勇気づけられる素晴らしい名曲です。

 

多分このブログにお越しいただいている方は中高年の方が多いかなと思いますが

若い人にも絶対に聞いて欲しい歌です。

いや、若い人にこそ聞いて欲しい歌です。

 

『光陰矢のごとし』

人生って振り返ると本当にあっという間に過ぎてしまいます。

 

一度しかない人生を、しっかりと生きて欲しい。

悔いのない人生を、精一杯生きて欲しい。

 

「佐々木さん、クサイよ!そんな話聞き飽きたよ!」

 

確かに誰もが言うようなありふれたメッセージです。

だから、なかなか若いうちはそれを素直には受け止められないかもしれません。

多分、今の私と同じような歳にならないと心には響かないかもしれません。

 

でも、人に言われると、なんだか説教じみて聞こえる言葉でも

歌の歌詞だと素直に聞けたるするもんです。

特に自分の大好きなミュージシャンの歌だったりしたら尚更。

だから、いろんな年代のミュージシャンにカバーしてほしいなぁなんて思ったりします。

AKB48、ももクロ、西野カナ、JUJU、嵐、いきものがかり、ゆず、浜崎あゆみ、宇多田ヒカル、
SMAP、コブクロ、福山雅治、松田聖子、槇原敬之、斉藤和義、ミスチル、サザン、松任谷由実、
ドリカム、B’z、EXILE、徳永英明、石川さゆり、五木ひろし、森進一、美空ひばり・・・。

このくらい書いておけば、この中に一人くらい好きなミュージシャンがいると思います^^;

竹内まりやではなく、あなたの大好きなミュージシャンが

この「人生の扉」を歌っているとイメージして聞いてもらえば、より歌詞が心に染みると思います。

 

そして、若い今のうちにできることを全力で頑張って欲しい。

そして、私のようなおっちゃんになってから

「あ~、あの時こうしておけば・・・」

なんて後悔しない生き方をして欲しいと思います。

 

もちろん、私と同年代のおっちゃん、おばちゃん!

人生まだまだこれからでっせ!

棺桶に入るまで、クタバルまで

老いてなお素晴らしい人生を送りましょう(^O^)/

 

 

『人生の扉』歌詞  作詞作曲:竹内まりや 編曲:山下達郎

春がまた来るたび ひとつ年を重ね
目に映る景色も 少しずつ変わるよ

陽気にはしゃいでた 幼い日は遠く
気がつけば五十路(いそじ)を 越えた私がいる

信じられない速さで 時は過ぎ去ると知ってしまったら
どんな小さなことも 覚えていたいと心が言ったよ

I say it’s fun to be 20
(20歳って楽しいって言うと)
You say it’s great to be 30
(あなたは30歳って素晴らしいって言います)
And they say it’s lovely to be 40
(みんなは40歳って美しいって言うけど)
But I feel it’s nice to be 50
(私は50歳って素敵だと感じているわ)

 

満開の桜や 色づく山の紅葉を
この先いったい何度 見ることになるだろう

ひとつひとつ 人生の扉を開けては感じるその重さ
ひとりひとり 愛する人たちのために生きてゆきたいよ

I say it’s fine to be 60
(60歳って元気だねって言うと)
You say it’s alright to be 70
(あなたは70歳でも大丈夫よって言います)
And they say it’s still good to be 80
(みんなは80歳でもまだまだいけるよって言うけど)
But I’ll maybe live over 90
(私はたぶん90歳を超えるまで生きると思うわ)

 

君のデニムの青が 褪せてゆくほど味わい増すように
長い旅路の果てに 輝く何かが誰にでもあるさ

I say it’s sad to get weak
(弱くなってゆくのは悲しいって言うと)
You say it’s hard to get order
(あなたは年を取ってゆくのは辛いって言います)
And they say that life has no meaning
(みんなは人生には何の意味も無いって言うけど)
But I still believe it’s worth living
(でも生きるってことは価値あることだと私は信じているわ)

※英訳の部分は大体こんなことを言っているんじゃないかな?という私なりの解釈です^^;

 

特に2番の歌詞

> 満開の桜や 色づく山の紅葉を
> この先いったい何度 見ることになるだろう

私くらいの年になると、ホンとそう思うんですよ^^;

 

「あ~、あと何回、桜を見ることができるのかなぁ」

満開の桜

 

「あ~、あと何回、山の紅葉を見ることができるのかなぁ」

色づく山の紅葉

 

「あ~、あと何回、海に泳ぎに行けるのかなぁ」

真っ青な海

 

「あ~、あと何回、雪景色を見ることができるのかなぁ」

冬の雪景色

 

「あ~、あと何回・・・・・」

色とりどりの花火

 

そう思うと、ほんと染み染みとします。

 

で、知らない人も多いと思ったのでYouTubeで検索してみたのですが、

さすがにご本人のものは削除されているようで見つけられませんでしたが

この曲を使った協和発酵さんの企業広告の動画があったので

それを掲載します。

ちょうど2番の歌の部分が使われています。



なんだか、この動画を見ていたら

今フジテレビの水曜10時枠で放送中の

三浦春馬さん主演の『僕のいた時間』が頭をよぎりました・・・。

 

あと、竹内まりやさんではありませんが

大地真央さんと黒木瞳さんがカバーしてフルコーラスで歌っている映像を見つけたので

それもアップしておきます。



 

いやぁ、何度聞いても心に染みます(^^)

 

もしもYouTubeの規約で削除されて見れないという時は、

YouTubeの検索で「竹内まりや 人生の扉」で検索すると

何かしら引っかかってくると思いますのでお試しください。

 

実はこの曲、TBS系ドラマ『肩ごしの恋人』(出演: 米倉涼子、高岡早紀、田辺誠一、ほか)の

主題歌となってヒットした「チャンスの前髪」と両A面で2007年に発売されました。

ちょうど電脳競馬新聞がinfotopから発売を開始した年と同じです(^^)

偶然とはいえ、何か縁を感じてしまいます。



 

ということで、競馬とは全然関係のない話になってしまいましたが^^;

電脳競馬新聞発行満10週年を迎えるにあたって

今後のことを今、いろいろと考えています。

詳細は決定次第お伝えしたいと思いますので楽しみにお待ちください。

 

ブログに関するコメント大歓迎です。

メールではなく、この下のコメント欄に書き込んでいただけると嬉しいです♪

 

 

ということで今日はここまで!

この続きはまた次回のココロだぁ~(^O^)/

※いつもランキングにクリックしていただいてありがとうございますm(__)m

今日も応援クリックをポチリとご協力お願いします!

それから予想屋や詐欺商材をアフィリエイトして儲けようとしている

胡散臭いブログやアフィリエイター撲滅のためにも是非ご協力をお願いします。



あなたのポチリで競馬詐欺商材や予想屋に騙されて泣く人を救おう!(^^)

 

無料のメルマガはもう登録していただきましたか?

ブログではとても話せないような「あんなこと」や「こんなこと」。

「話題になっているあの話」などメルマガ読者だけに配信しています。

競馬でもう負けたくない!競馬で勝てるようになりたい!

そんなあなたはぜひ登録してください。

【ブログには書けないココだけの話】
お名前(姓のみ) *  ※山田
e-mail *  ※半角英数
 

それでは、

いつも応援していただき感謝しています!

これからも有意義な情報をどんどん書いていきますので

楽しみにお待ちください。

これからは、私と一緒に競馬で儲けていきましょう♪

もちろんお代はいりませ~ん!(*^▽^*)/

 

===========================
質問やコメント大歓迎です♪
===========================

ブログを読んだ感想や、競馬のことで悩んでること、

聞きたいことなどをコメントとして書いて投稿してください。

 

もちろんハンドルネームで結構です。

今後の記事を書く上でとても役立ちますし、

みなさんの聞きたいことがわかれば

それを中心にお話してくこともできます。

ぜひお気軽にコメントしてくださいね。

 

 

 

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL