第61回 阪神大賞典 結果 2013年3月17日開催

2013.3.17|電脳競馬新聞 競馬結果払戻

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年 3月17日(日) 1回阪神8日 天候 : 晴  馬場状態 : 良

【11R】 第61回阪神大賞典

4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝・内 3000m 9頭立

馬名 性齢 騎手 斤量 タイム 着差 通過順 上3F 単勝 体重 増減 賞金
7 7 ゴールドシップ 牡4 内田博幸 57 3.05.0 07-07-04-03 36.8 1 1.1 502 -4 6000
6 6 デスペラード 牡5 武豊 56 3.05.3 2 09-09-07-06 36.6 3 11.8 490 -4 2400
3 3 フォゲッタブル 牡7 シュタル 56 3.05.5 1 02-02-02-02 37.7 5 54.3 492 +2 1500
8 8 ベールドインパクト 牡4 福永祐一 55 3.06.4 5 05-05-04-03 38.2 2 9.5 494 -4 900
1 1 トウカイトリック 牡11 浜中俊 57 3.06.9 3 06-06-08-09 37.9 4 41.2 454 -10 600
2 2 ピエナファンタスト 牡7 国分恭介 56 3.06.9 ハナ 07-08-08-08 38.0 9 152.5 480 +2
5 5 モンテクリスエス 牡8 幸英明 56 3.07.2 1 3/4 03-03-03-03 39.2 8 108.8 558 +4
8 9 マカニビスティー 牡6 小牧太 56 3.07.5 1 3/4 01-01-01-01 39.9 6 58.3 492 +6
4 4 コスモヘレノス 牡6 バルジュ 56 3.07.5 クビ 04-04-04-07 38.8 7 82.1 522 0
単勝  7 \110

複勝  7 \100 / 6 \160 / 3 \440

枠連  6-7 \300 (2)

馬連  06-07 \320 (2)

ワイド 06-07 \180 (2)/ 03-07 \570 (5)/ 03-06 \1110 (12)

馬単  07-06 \360 (2)

3連複 03-06-07 \1880 (6/84)

3連単 07-06-03 \3010 (8/504)

 

【レース回顧】

17日の阪神11Rで行われた第61回阪神大賞典(4歳上オープン、GII、芝3000メートル、9頭立て、1着賞金=6000万円)は、内田博幸騎手騎乗の1番人気ゴールドシップ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)が序盤最後方の位置取りから少しずつ外を押し上げて、最後は全馬をねじ伏せる完勝。2013年の初戦で貫禄勝ちを演じた。タイムは3分5秒0(良)。

まさに盤石、貫禄を見せつけた。昨年はオルフェーヴルの逸走という悪夢があった阪神大賞典だが、今年は強い馬が文句なしのレースを披露。ゴールドシップが危なげなく今季初戦をものにした。

スタート前にゴールドシップがゲート入りをやや嫌がるシーンが見られ、場内がざわついたが、すぐに従ってゲートイン。スタートが切られると外からマカニビスティーがハナに立つ。フォゲッタブルが2番手につけて、ゴールドシップは最後方からレースを進めた。2周目に入ったあたりからじわじわと順位を押し上げると、5~6番手にいたベールドインパクトもゴールドシップの仕掛けに応じてゴーサイン。2頭が併走してグングンと前をとらえていく。直線入り口で先頭に並びかけると、ベールドインパクトが力尽きて脱落。ゴールドシップが危なげなく抜け出して、そのまま押し切った。仕掛けを我慢して後方からの末脚にかけた3番人気デスペラードが2馬身差の2着。5番人気のフォゲッタブルが1馬身差の3着に入り、ベールドインパクトは4着に終わっている。

ゴールドシップは、父ステイゴールド、母ポイントフラッグ、母の父メジロマックイーンという血統。北海道日高町・出口牧場の生産で、小林英一氏の所有馬。通算成績は11戦8勝。重賞はGIII共同通信杯、GI皐月賞、GII神戸新聞杯、GI菊花賞、GI有馬記念(いずれも12年)に次いで6勝目。須貝尚介調教師、内田博幸騎手ともに阪神大賞典初勝利。今後は天皇賞・春(4月28日、京都、GI、芝3200メートル)から宝塚記念(6月23日、阪神、GI、芝2200メートル)に進む青写真が描かれている。

内田博騎手は「なるべく暴れさせないように気を遣って馬場入りをさせた。スムーズにいってよかった。流れを見ていこうと考えていたところ、内回りなのに縦長になっていたので、前も残りやすいと考えて、早めにじわじわと上げていきました。最後は力を緩めるような部分があったのでステッキを入れて追えたことが次につながると思います。使われてさらに良くなると思うし、次が楽しみですね。これから強い相手と戦わなければいけないし、今年はJRA年度代表馬になってほしいと願っている馬。それだけの器だとも思っています。きょうも直線半ばで力を緩めていたくらいで本当の力を出していないし、ここを使って上向くでしょう。この後が楽しみです」と万全の走りに納得の表情を浮かべていた。

引用:サンケイスポーツ|【阪神大賞典】盾へ視界よし!ゴールドシップ快勝

 

今日もレースを見れなかった方のために

YouTubeの動画を掲載します。



 

それでは、

いつも応援していただき感謝しています!

これからも有意義な情報をどんどん書いていきますので

楽しみにお待ちください。

 

もちろんお代はいりませ~ん!(*^▽^*)/

 

 

無料のメルマガはもう登録していただきましたか?

ブログではとても話せないような「あんなこと」や「こんなこと」。

「話題になっているあの話」などメルマガ読者だけに配信しています。

競馬でもう負けたくない!競馬で勝てるようになりたい!

そんなあなたはぜひ登録してください。

【ブログには書けないココだけの話】
お名前(姓のみ) *  ※山田
e-mail *  ※半角英数
 

今日の記事も参考になったよ!

またどんどんいい話を聞かせて欲しいです!という方はぜひ応援クリックお願いします!



人気ブログランキングいつも応援ありがとうございますm(_ _)m

 


コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*


Warning: preg_replace_callback(): Requires argument 2, '>', to be a valid callback in /home/paradise/denoukeiba.com/public_html/blog/wp-content/themes/Affiliate_news/comments.php on line 57

トラックバックURL