プロフィール

 

 

こんにちは!

今や「競馬予想精度なら日本一だ!」

との高い評価をいただいている『電脳競馬新聞』発行者の佐々木と申します。

 

実は私も競馬で散々負けていました。

 

でもだからと言って、決して競馬を趣味でやっていたわけではありません。

 

ハゲ頭の口臭のきつい上司にこき使われ、
やりたくない仕事を一生やり続けるなんてゴメンだ!

 

なんとか競馬で儲けて、会社に辞表を叩きつけ!
毎日好きなことをやって暮らしたい!

 

そして、悠々自適の生活を手に入れたい!

 

そう思って、必死で競馬で儲けることを本気で頑張りました。

 

 

競馬必勝本も何冊買って読んだかわかりません。
 
競馬場やWINSの出入り口で売っていた怪しげな出目本も買いました。
 
競馬場の中では「コーチ屋」と呼ばれる詐欺師にも騙されました。
 
もちろん「予想屋」には何度も入会しては騙されました・・・。

 

 

多分今まで私の競馬で負けたお金で普通に家の1件は建ったと思います。

 

良く競馬場に行くと一緒に行った仲間に言ってました。

 

「あそこの柱3本とスタンドのあの辺はオレの負けた金で建てたんだ」
 
ってね。

 

 

それほどやられました!

 

競馬で負け続け、全然勝てなかった競馬負け組の残念な男でした。

 

 

 

 
 

 

わかっているのに、何度も何度も予想屋には騙され続け、
 
予想屋には「絶対に当たります!」的な話をされるので
 
馬券に投資するお金もハンパじゃない!

 

で、結果は当然「ハズレ」・・・

 

こうなるともう破れかぶれ!

 

「サラ金から借金してでも負けた金を取り返してやる!」

 

こういう心理状態になっちゃったらもう奈落の底へと落ちていくだけです。

 

 

競馬などそう簡単に当たるわけもないので、買っても買っても負け続けるばかり・・・。

 

とうとうサラ金から借りたお金も6社合計300万円に達しました。

 

妻と子供にも見放された私は、ついに離婚!

 

人間失格!もう自殺するしかない!
 
地獄の果てまで落ちてしまったのです。

 

その時は本当に死にたかった。

 

「もう死んでしまおう・・・」

 

でも情けないことに死ぬ勇気さえありませんでした。

 

離婚して、妻と2人の可愛い子供にも見はなされ
 
天涯孤独になった私は路頭に迷いました。

 

 

 

来る日も来る日も馬鹿なことをしてきた自分を責めました。
 
子供達と楽しく過ごしていた日々を思い出しては泣きました。

 

 

そしてそれから2~3週間が過ぎた頃でした。
 
ふと立ち寄った本屋で手にした1冊の本に釘付けになりました。

 

忘れもしない、今から20年ほど前の暑い夏の日でした。

 

その内容を簡単に説明すると、

 

《競馬で勝ちたいなら競走馬1頭1頭の正確な能力を数値として算出しろ》
 
というものです。

 

もちろん当時から「スピード指数」のような馬の能力を測るものは存在していましたし、
 
実は私も当時「マイコン(現在のパソコン)」を持っていて、
 
自分なりにスピード指数的な発想で競馬予想をしていました。

 

 

しかしそれでは予想に限界があり、思うような結果は出せなかったのです。

 

来る日も来る日も検証しては予想理論を見直して、
 
を繰り返していましたがまったく儲けることができませんでした。

 

パソコン予想に限界を感じていた私がとった行動が『予想屋』だったのです。
 
そしてついには離婚するまでに至ったというわけです。

 

 

馬の能力を馬の持つスピードを指数として算出する
 
「スピード指数」で予想させても全然思うような結果が出なかった・・・。

 

そんな挫折を味わっていた時でしたので
 
その本に書かれていた内容は当時の私には画期的でした。

 

パラパラと数ページ立ち読みをして「これだ!」と思った私は本を持ってレジに一目散!

 

帰り道歩きながら、もちろん電車の中、家に帰ってと一気に読破しました。

 

 

 

予想理論のことなどここで解説しても仕方ありませんが、
 
要するに馬の持つ能力を走破タイムで測る「スピード指数」という概念だけではなく、
 
血統や距離適性、ローテーションなど十数項目を取り入れて算出するというものでした。

 

その中でも私が最も関心を持ったのが『展開』という概念でした。

 

この『展開』という考え方は、
 
故・大川慶次郎さんが考え出した競馬予想の1つのファクターで、
 
これによって競馬予想が大きく変化したほど重要な要素となって語り継がれています。

 

 

この本の中にはこの展開というものを数値化する方法が載っていたのです。

 

そしてさらにこれら十数個にのぼる予想ファクターそれぞれに、
その重要度に従って係数を掛けその馬の完璧な能力値を算出するというものでした。

 

 

「す、スゴイ!」

「この方法なら完璧な『競馬予想ソフト』が作れるぞ!

 

 
 

 

この日から私は、本当に3度の飯などものともせず、

日本の競馬予想理論はもちろん、海外の競馬必勝法などありとあらゆるものを研究し、

 

ついに独自の予想理論を持つ競馬予想ソフトを完成させたのです。

 

 

当時は競馬をパソコンで予想させるなどという人間はほとんどいませんでしたから

 

私の戦う相手は
「競馬新聞を広げ、耳にの色鉛筆を差しているおっちゃん連中」でした。


※あなたの戦う相手はJRAではありません。
ここを間違っている人も多いので絶対に間違えないだください。


 

彼らは競馬新聞の馬柱に書いてある過去5走の結果と
 
嘘か本当かわからないようなコメントや調教欄を頼りに予想します。

 

一方私はパソコンを使い過去十数年分のありとあらゆるデータを駆使して予想します。

 

 

この差は歴然でした!

 

 

毎週毎週面白いように馬券を的中させ、しかも高配当馬券も面白いように当たりました。

 

「競馬で儲かって笑いが止まらない!」

 

とはこういうことをいうのだと思います。

 

 

ここから私の競馬勝ち組人生が始まったのです!

 

 

このブログでは、私が過去に失敗してきたことや

 

勉強してわかったことなど、

 

競馬における全てのノウハウを
 
私の全てをあなたにお教えします!

 

あなたの競馬人生に大きなプラスになることを願っています。

 

ありがとうございます。